最近、アメリカカンザイシロアリの被害がマスコミで取り上げられ、注目を集めています。アメリカカンザイシロアリは、その名の通り、アメリカを原産とする種で、家具や梱包材等によって日本に持ち込まれたと考えられています。日本に広く生息するシロアリ(ヤマトシロアリ・イエシロアリ=「地下シロアリ」の仲間)と違って、土の中からではなく飛来等によって建物に侵入します。
 アメリカカンザイシロアリは、地下シロアリと違って、多湿を好まず、特別に水を必要としないため、乾いた木材の中で生活できる「乾材シロアリ」の仲間です。土壌を本拠地としていないことが、地下シロアリとの 大きな違いです。

アメリカ
カンザイ
シロアリ


アメリカカンザイシロアリの羽アリ。
羽が落ちて、1枚になった状態。
分 布  1976年に始めて東京で発見され、現在では、 九州・沖縄から本州各地において被害が確認 されている。今後も、各地で発見される可能性がある。
羽アリ  
 体 長・・・ 6〜8o
 体 色・・・ 体は黒褐色(頭部は赤褐色)
 群飛時期・・・ 少数ずつ長期間、7〜9月の昼間。環境条件によっては、ほとんど1年中群飛すると考えられている。
 走光性・・・ なし
蟻 道 蟻道の加工はできない。
加害習性 建造物やピアノ・家具類、野外の枯れ枝の中などの乾材のみを加害する。加害箇所は、複数の空洞(食害部)が細長いトンネルでつながっている。被害材表面の穴から、乾燥した砂粒状の糞を外へ排出する。

特別の巣は作らず、加害箇所が巣を兼ねる。乾材の割れ目、継ぎ目など。
コロニー
(集団)
構成員数は数百〜最高、数千と少ない(ヤマトシロアリは1〜2万匹、イエシロ アリは大きなものでは、100万匹に達する)。コロニーの範囲は1本または連続した材で、被害家屋には、1から数十個のコロニーが見られる(被害は点在)。コロニーの成長は比較的遅く、羽アリが発生するまでには4〜5年かかると言われる。

アメリカカンザイシロアリ
職蟻しょくぎ(働きアリ)
アメリカカンザイシロアリ
兵蟻へいぎ(兵隊アリ)
ヤマトシロアリ(3.5〜5o)、
イエシロアリ(3.5〜5.2o)に
比べ、大きい。
8〜11oと大形。
アメリカカンザイシロアリ発見ポイント
 アメリカカンザイシロアリは、加害スピードは遅いものの、小集団による
被害が点在するため、被害を見つけにくいのが特徴です。
 発見の手かがりとなるのが砂粒状の「糞」。加害材の表面に穴をあけ、
その穴から外に排出します。この糞を見つけたら、アメリカカンザイシロア
リがいる可能性大です。  
アメリカカンザイシロアリの糞。
直径約1oで米俵状、表面に6

本の溝がある。黄色から褐色
(食害している木材の色に近い)。

アメリカカンザイシロアリによって
作られた壁の穴。


天井板に堆積した糞。


押入の奥に散乱した糞。

床下の束石の上に堆積
した糞。

<フリーダイヤル>
0120-39-3290
 サニックスのページ  お問い合わせ
制作・企画 株式会社サニックス Copyright(c)SANIX Incorporated. All rights reserved.