シロアリは、木材を栄養源として生きる昆虫です。世界で2891種が知られており(日本では22種が定着)、ほとんどが熱帯・亜熱帯に生息しています。
 「家の柱を食べる悪い虫」というイメージが強いですが、木材に害を及ぼす種類は83種で、残りの大部分は枯れた木材や落ち葉などを、食物や巣の材料として運び、物質循環に大きな役割を果たしています。

Q 「建物を食べるシロアリって、日本にはどのくらいいるの?」
A 主なものは、ヤマトシロアリ、イエシロアリ、ダイコクシロアリ、アメリカカンザイシロアリ、タイワンシロアリの5種類です。
中でも一般的なもの(広範囲)に分布しているのは、主に地下(土の中)から建物に侵入する(地下シロアリという)ヤマトシロアリとイエシロアリです。
ダイコクシロアリとアメリカカンザイシロアリは、土の中からではなく飛来等によって侵入し、乾いた木材を加害するカンザイシロアリの仲間です。
アメリカカンザイシロアリについては、こちら
イエシロアリ

<フリーダイヤル>
0120-39-3290
 サニックスのページ  お問い合わせ
制作・企画 株式会社サニックス Copyright(c)SANIX Incorporated. All rights reserved.