イエシロアリ  拡大表示
イエシロアリの羽アリ
分 布  千葉県以西の海岸線に沿った温暖な地域と、南西諸島・小笠原諸島。
羽アリ  
体 長・・・ 7.4〜9.4mm
体 色・・・ 黄褐色(頭部は暗褐色)
群飛時期・・・ 6〜7月の温暖多湿な(むし暑い)夕方から夜。
走光性※ あり
蟻 道 加工能力が発達しており、巣と加害場所をつなぐ蟻道が100メートルに達することもある。餌取り蟻道の断面は三日月形または半円形で、内面は清潔(カラっとしている)。また、水を運ぶことができる。(水取り蟻道)
加害習性 湿潤な木材だけでなく、被害は建物全体に及ぶ(水を運ぶ能力があるため)。加害速度は速く、被害は激烈!古材より新材を好んで加害する。
屋根裏、床下、土中、立木中、立木の根の下、壁の中に、排出物や土砂などで固めた巣を作る。
※走光性・・・光に向かって飛んでいく性質。

<フリーダイヤル>
0120-39-3290
 サニックスのページ  お問い合わせ
制作・企画 株式会社サニックス Copyright(c)SANIX Incorporated. All rights reserved.